• オープンソース活用したシステム開発

    システム開発にもオープンソースの利用が進んでいます。

    交通費精算システムの情報も多数ご用意しました。

    オープンソースのソフトウエアは世界中の人々による開発結果です。



    セキュリティ、機能面、安定性のどれも保証はありませんが、多くのプロジェクトで利用され実績を上げてきています。



    システム開発でオープンソースを利用するメリットとデメリットはいくつかあります。


    メリットについては工期短縮、人員削減が可能なこと、また開発が続くのでアップデートも比較的早いということがあります。

    デメリットとしては動作保証が無いのでプロジェクト側で検証が必要なこと、また、ソースコードが公開されてはいますが、ソースコードのレベルはばらばらなので読むには時間がかかることがおおいことなどです。欠点はいくつかありますが、それでもソースコードが公開されており、自前で直しても良いことからシステム開発でも利用が進んでおり、場合によってはオープンソースの利用を前提とした開発も多く行われてきています。

    システム開発においてオープンソースは工期を短縮するだけではなく、最新技術をすぐに投入できるメリットもあります。


    インターネットから生まれる技術の多くはオープンソースであり、それを自システムに導入することによるメリットは測りきれないものがありますし、日々多くの開発者によって更新されていくものなのでプロジェクトにとっても効率のよい機能追加の手段として採用されることが増えています。