透明感のための美白プラスアルファ

お肌をよく眺めてみて、全体的にくすみが目立っているひともいるでしょう。当然、くすみがあれば、お顔の透明感もなくなってきてしまいます。そんな透明感のないお肌には、まずはくすみに効いてくれる成分を含んだスキンケア化粧品を使って美白ケアをしていくことがたいせつです。くすみがきになるお顔には、アルブチンといったハイドロキノン誘導体や、ビタミンC誘導体といった成分を配合している美容液を選びましょう。

とくに、薬用の美白ケア美容液を使うのがおすすめです。こういった美容液には、メラニンができてしまうのを防いでくれ、透明感のあるお肌を作っていってくれます。さらに、透明感のあるお肌を手に入れるには、美白有効成分を含んでいるだけではなく、適切な保湿ができるようなスキンケア化粧品を使っていくことが重要です。そのためには、セレブロシド酵母エキスや、ヒアルロン酸など、効果的な保湿成分も入っていることを忘れずに確認するようにしましょう。

さらに、透明感のある健康的な明るい肌を保っていくには、お肌をすこやかにたもっていけるような整肌成分も配合されていなければなりません。これには、ビタミンC誘導体という成分がおすすめです。ビタミンC誘導体には、水溶性と油溶性がありますが、どちらのビタミンC誘導体にも整肌効果があるので大丈夫です。このように、美白成分と、保湿成分、そして整肌成分というトライアングルでアプローチしていけば、きれいな美肌になれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です