美白化粧水の選び方は

シミやくすみのない綺麗な肌をキープしたい、そう願う人は多いです。年齢を重ねると肌も老化していくので、白い肌をキープしたいなら、きちんと美白対策を行いましょう。必須のスキンケアアイテムである化粧水は、それぞれに特徴を持っています。美白化粧水といっても、美白効果のある成分は一つではありません。

商品によって配合成分が異なります。厚生労働省が認める主な美白成分には、ビタミンC誘導体、アルブチン、カミツレエキス、トラネキサム酸、コウジ酸、ルシノール、プラセンタエキスなどがあります。多くの成分はメラニン生成を抑制する効果を持っていますが、それに加えて新陳代謝促進や抗酸化作用など、それぞれの成分によって効果が違うことを知っておきましょう。おすすめはビタミンC誘導体配合の化粧水です。

ビタミンC誘導体はメラニン生成を抑制するだけでなく、肌の表面に上がってきたメラニンを還元することもできる成分です。シミを予防する効果のある成分がほとんどである中、ビタミンC誘導体はできてしまったシミを薄くしてくれる効果が期待ます。さらに、皮脂の過剰分泌を抑制したり、ターンオーバーを正常化させたりする働きも持っています。さまざまな美容効果を持っていることが特徴で人気がある成分です。

ただビタミンC誘導体は、人によっては強い刺激に感じることがあります。成分によって合わないものもあるので、自分に合った美白化粧水を選ぶことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です