美白化粧水の選び方について

肌トラブルとして大きな悩みになってしまうのが、シミやソバカス、肝斑などのトラブルです。このようなトラブルがあるとどうしても老けた印象になってしまうため、改善したいという人は多いと思います。トラブルを改善するためには、規則正しい生活などの内側からのケアを行うのと同時に、化粧水などによる外側からのケアが大切です。外側からのケアとして美白化粧水を利用することは効果的ですが、美白化粧水を利用する場合にはその原因に合わせて美白成分を選ぶことが重要となります。

肝斑が気になる場合には、トラネキサム酸が配合されているものがオススメです。トラネキサム酸はアミノ酸の一種であり原因となるメラニン色素細胞を活性化させるプラスミンの働きを抑えます。日焼けなどの紫外線のダメージによってできるものや炎症性色素沈着には、抗酸化作用と抗炎症作用のあるビタミンC誘導体がオススメです。ただし、ビタミンC誘導体は刺激の強い成分ですので種類を選ぶことが大切となります。

また乾燥を改善しながら美白したいという人には、肌を白くしながらも保湿効果もあるプラセンタを選ぶのが有効です。また、シミを予防するものを使うのも効果的です。メラニン色素を作る酵素であるチロシナーゼを抑えるものとしては、アルブチンやコウジ酸、ルシノールなどが配合されているものも良いとされています。様々な成分がありますが、自分にあった成分を使用することが肌を美白に導きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です