化粧水の効果を高める使い方

化粧水はスキンケアの基本とも言っていいアイテムです。そのため、たっぷりと使用している人も少なくありません。けれど一言で化粧水と言っても、それに配合されている成分は商品によって変わってきます。さらに正しい使い方をしないことで、効果が軽減する可能性もあるので注意が必要です。

化粧水を効果的に使うためには、まずは使用するタイミングを見直すことが大切です。洗顔や入浴後、まず最初に肌につけることはもちろんですが、その時、肌が乾燥しないように素早く肌に使用することも重要になってきます。タオルで水分を拭き取ったら、時間をあけずにつけるようにしましょう。さらにこの時、目元や口元、頬など皮膚が薄くて乾燥しやすい部分から使うことで、効果を高めることができます。

化粧水を使う時は、手のひらであたためて使うこともポイントです。適量を手のひらに出し、両手でこすりあわせてあたためることで、温度を体温に近づけることができます。そうすることで肌馴染みが良くなるので、美容成分の浸透もアップさせることが期待できます。化粧水を顔につける時は、力を入れすぎないようにすることも覚えておきましょう。

美容成分を肌の奥まで浸透させたいからと言って、パンパンと叩くように使うと、肌を刺激する原因となります。さらに、ゴシゴシとこするように使用すると、摩擦によって肌の表面を傷つける恐れもあるので注意が必要です。手のひら全体で優しく触れるようにするのが、最適な方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です